技 法  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 基礎居合 」    
 基礎居合は、戸山流居合道の基礎となる「刀の揚げ方、礼の仕方、刀の差し方、歩き方、姿勢、刀の抜き方、納め方、血振りの仕方、刀の握り方、斬り方、突き方、その時の姿勢、刀筋、刀の勢い、発声、呼吸法、目付、残心など」を一通り体得するものである。
 刀を単に振るのではなく、足腰の十分安定した「居合腰」で背筋を十分に伸ばして、切っ先に力の入った心気力の一致した刃筋で、正しく斬突しなければならない。 
 1本目(  真向斬り   )
 2本目(  諸手突き   )
 3本目(  右袈裟斬り  )
 4本目(  左袈裟斬り  )
 5本目(  突きを摺り上げて、左袈裟斬り  )
 6本目(  摺り落として、真向斬り     )

 

「 本居合 」     
 本居合は、戸山流居合道の中核であり、最も重視すべき居合である。本居合は、抜き付け(初太刀)と二の太刀(斬り下ろし、または刺突)とを組み合わせた8本で構成されている。
 本居合の歩法は、歩み足をとり、一足一刀でなく、二足一刀とする。これは、屋外で十分活躍できる歩み方を主体とするためである。
 本居合では、兎に角早く抜くことばかりに気持ちが急ぎ、基本を忘れがちである。しかし、飽くまでも基本を確実に守り、歩法・斬突法、特に姿勢を正確に、心気力一致した一刀必殺の操法の鍛錬に励まなければならない。背筋を伸ばして真に迫る斬突、居合腰、迫力溢れる真剣味充実した斬突、益々深みのある技法に練熟すべきである。  
 1本目(  前の敵    正面向き  )
 2本目(  右の敵    正面に対する左向き  )
 3本目(  左の敵    正面に対して右向き  )
 4本目(  後の敵    正面に対して後向き  )
 5本目(  直前の敵   正面    )
 6本目(  前後の敵   正面    )
 7本目(  左右の敵   正面に対して右向き  )
 8本目(  多数の敵   正面向き  )

 

「 八方抜き(八方抜き斬り) 」   
 本居合の初太刀だけを集めたものが八方抜きである。八方抜きは、抜き付け即ち初太刀の稽古であるとともに、高度に修行を積めば、それ自体で意味のある「奥居合」としての性格を有している。居合修行のために、特に凝縮された貴重な技の集積である。
 八方抜きは、抜刀訓練と同時に抜き付けで斬ってしまう、奥居合の業
でもあるが、事実、試斬りにおいて片手抜き付けで巻藁・青竹などを斬るには、相当の修練を要する。
 しかし、これこそ居合の厳しさであり、居合の原点であり、極意であることを再認識して、修練に励むことこそが肝要である。
 極言すれば、抜き付けで必殺の剣勢が伴わなければ、居合としての価値がない。抜刀と同時に敵を斬ってしまう抜き付け(初太刀)は、これこそ居合だけが持つ特技である。
 初心者はゆっくり大きく確実に行い、技量の進歩・向上に伴って速度を早め、迫力ある動作にする。完成された、いわゆる円熟した業になれば、抜き付けから最後の納刀に至るまで目にも止まらぬ速さで行われる。
 ここに至れば、居合は単なる殺法から芸術の境地に達するであろう。
演武・修練態度は沈着・冷静であり、一度鞘を離れれば猛烈果敢な捨て身となることを要する。
 事に当たり、無意識に必殺の剣勢が生じるよう、平常の心構え、修練態度が肝要である。
血振り・残心・納刀など、死せる相手を手厚く葬る儀式・形式と考える。
演武は、自然体から始まって、自然体に終わる。

また、緩急自在であること。
 一刀一刀精魂込めて、演武する必要がある。
 1本目(  前の敵    逆袈裟斬り    )
 2本目(  右の敵    水平斬り     )
 3本目(  左の敵    片手突き     )
 4本目(  後の敵    片手小袈裟斬り  )
 5本目(  直前の敵   正面諸手真向斬り )
 6本目(  左の敵    諸手右袈裟斬り  )
 7本目(  右の敵    諸手左袈裟斬り  )
 8本目(  後の敵    受け流して諸手右袈裟斬り  )


「 組居合 」    
 打太刀と仕太刀の2人の間で、実際の相手に対して基本的な6通りの斬突を約束動作で行うのが組居合である。
 打太刀は教育的立場において、仕太刀の実際的斬突法を演出させるのが、戸山流居合道の特色である。打太刀は、仕太刀が基礎居合どおり行うのを、技を仕掛け、引き立て、助けて、錬磨し、精妙の域に至らしめる。
 修練科目として、立会いの仕方(礼法)、足捌き(歩法)、目付(目の付けどころ)、呼吸法、発声法、間合いの取り方、斬突の時機・方法、残心の示し方など、武道として修めなければならない全てのことが含まれている。
 戸山流居合道の神髄は、仕太刀の技に表現されているので、仕太刀は十分に心を引き締め、気も技も打太刀に合わせ行うべきで、両者の気を一致して初めて立派に組太刀が行えるのである。
 始めの礼
 1本目(  真向斬り  )
 2本目(  諸手突き  )
 3本目(  右袈裟斬り )
 4本目(  左袈裟斬り )
 5本目(  突きを摺り上げて右袈裟斬り  )
 6本目(  刀を摺り落とし真向斬り    )
 終わりの礼

 

「 連続技 」   
 本居合を8本を連続して抜く技である。
それぞれ一本一本の居合を終わることなく、納刀半ばにして次の居合を抜く。即ち、鍔が鯉口に接する前に素早く抜刀し、次の技にかかり8本連続して抜く。
 この技は、血振り・残心・体捌き、特に足捌きが重要である。


「 試斬り 」     
 実用刀法である戸山流居合道では、その一太刀一太刀が必ず敵を斬り果たせる刀勢がなければならない。抜き付けによる初太刀も、二の太刀による斬突も、また、複数の敵に対する技の一太刀一太刀も、すべてが必殺の刀勢を要求され、触れたものは全て斬ってしまう迫力を持つ必要がある。
 一太刀一太刀が確実な斬突であることを証明する最良の方法が、試斬り
である。試斬りの稽古により、刃筋・手の内・柄の握り方、力の入れよう、間合いの取り方、足捌き、気剣体の一致、さらに下腹に力を入れることなどを会得できる。試斬りにより、自らの刃筋の正しさなどを確認でき、自分の斬突に対して自信がもてるようになる。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now